αなRomeo

アルファロメオ購入記録やドライブ記録を綴ったブログ

山梨県山梨市/紅葉の広瀬ダム

どーもxingです。

秋晴れの昨日、妻を連れて紅葉🍁を見に山梨まで行ってきました。


目的地は西沢渓谷手前にある広瀬湖です。

 

広瀬湖へ至るルートは中央道で勝沼ICまで行き、後は下道でR140を北上するルートです。

 

道中、「お食事処はやし」というお店でランチタイム。このお店はツーリングマップルに掲載されていて入ってみたのですが、お昼には少し早い時間帯だったためか、ガラガラでした。

 

名物の甲州ほうとうと、この店一押しの富士桜ほうとうを頼みました。

f:id:k-est:20180917100616p:image

お昼を食べ終えた後は、ひたすら秩父往還ことR140を北上し広瀬湖に到着。

f:id:k-est:20180917100710p:image

f:id:k-est:20180917100658j:image

来た甲斐があったというものです。見事な紅葉🍁

f:id:k-est:20180917100653j:image

f:id:k-est:20180917100705j:image

f:id:k-est:20180917100655j:image

この広瀬湖にある広瀬ダムロックフィルダムと呼ばれる石を積み上げて作られたダムで、コンクリート式の重力ダムとはまた違った趣きがあります。

f:id:k-est:20180917100702j:image

それにしても、当初考えていた以上に、実に見事な紅葉でした🍁

 

ここは国道沿いにありますので、アクセスもしやすいと思います。私は山梨側から行きましたが、埼玉側からアクセスする場合は、秩父の先、日本一長い国道トンネル雁坂トンネルを抜けてくると辿り着きます。

 

また、この広瀬湖から少し先に西沢渓谷があり、今の時期そちらも紅葉が綺麗です。だけど今回はハイキングする準備まではしていなかったので西沢渓谷はやめました。(ネットで調べると一周4時間程度の散策路になっているようです)

 

広瀬湖からの帰りは、元来たルートを戻るのではなく、R140をそのまま埼玉方面へ抜け、家路につきました。

 

ダムDATA
◆名称:広瀬ダム
◆所在地:山梨県山梨市三富川浦字広瀬
◆河川:富士川水系笛吹川
◆目的:洪水調節・かんがい・上水道・発電
◆型式:中央土質遮水壁型ロックフィルダム
◆堤高/堤頂長/堤体積:75.0m/ 255.0m/ 1,400,000m³
◆総貯水容量/有効貯水容量:14,300,000 m³/11,350,000 m³
◆事業主体:山梨県
◆施工者:間組
◆着工/竣工:1965年/1974年
◆ダム湖名:広瀬湖