αなRomeo

アルファロメオ購入記録やドライブ記録を綴ったブログ

Alfa Romeo GIULIETTA 車検「前」点検

どーもxingです。

今日はジュリエッタをディーラーへ持っていきました。

 

近づいてきた車検に向けての車検前点検です。

つまり車検に合わせて何を交換する必要があるのかチェックして、事前に費用を把握しておこうというもの。

 

その事前点検に何だかんだと2時間強かかりました。

 

その間、ディーラーに置いてある新型ジュリエッタをチェック。

f:id:k-est:20180815231146p:image
f:id:k-est:20180815231151p:image
黒もいいけど、白もなかなかいい。

f:id:k-est:20180815231201p:image
f:id:k-est:20180815231206p:image
そしてミトも。

f:id:k-est:20180815231216p:image

f:id:k-est:20180815231221p:image

ジュリエッタにしろミトにしろ、三角グリルがメッシュになっただけでだいぶ雰囲気がスポーティになりますね。好みは分かれるところですが、メッシュもなかなかカッコいいです。ただ樹脂製の安っぽい感じなのが残念。そこを改善してくれるだけで一気に良くなります。

 

さらに、ここのディーラーはアバルトも扱っており、アバルト500の快音(空吹かしですが)を聴くことが出来ました。乾いた爆音でシビれます。

 

セカンドカーには面白いかも知れませんが、そもそもセカンドカーを持つほどゆとりがありません😅

 

さて、気になるジュリエッタの点検結果は…

車検代:65,000円
自賠責保険・重量税・印紙代:52,230円

この二つの項目で117,230円。これは最低限かかってくる費用ですね。

 

さらにディーラーからの推奨整備として…

エンジンオイル交換一式:11,830円
バッテリー交換:35,000円
エンジンクーラント交換:12,300円
ブレーキフルード交換一式:10,200円
トランスミッションオイル交換:10,200円
エアコンフィルター交換:11,700円
室内除菌:1,500円
スパークプラグ交換:12,160円
ワイパーラバー交換一式:7,000円
燃焼室洗浄:1,600円
発煙筒交換:580円
ボディミラーコーティングメンテナンス:35,000円
パーツ&ブレーキクリーナー代:1,500円
廃棄物処理費:1,719円

以上、合計152,289円なり。結構するね。

 

これに消費税(車検代と推奨整備費用にかかります。自賠責保険や重量税には当然消費税はかかりません)が17,384円かかり、全て合算すると…

286,903円になります😵

うーむ。コルテの靴が新品で買えてしまうなあ。

 

まあ、この整備メニューを無理に全てやる必要はなく、必要なものだけ取捨選択すればいいのですが、それでもやはりオイル類とバッテリーは交換しておきたいところです。対してワイパーラバーやボディコーティングメンテナンスなどはまだ大丈夫ではなかろうか、と考えています。普段、機械式駐車場の地下に停めてるから雨風や紫外線にさらされない分、劣化は少ないと思います。

 

まあ、それでも20万は越えるでしょうね。実際の車検は5月なので検討します。

 

そしてディーラーを後にして、帰宅途中「東伏見稲荷神社」に寄ることにしました。

f:id:k-est:20180815231421p:image
ここは立派な大鳥居があり、ディーラーに行くたび、気になっていたんですよね。今日は気温も暖かく立ち寄るにはちょうど良かったです。

 

この神社は車で上の方まで登ることが出来るのですが、知らずに近くのコインパーキングに停めてしまいました。鳥居前にも専用駐車場があるのですが、何故かチェーンがかかっていて入れなかったんです。

f:id:k-est:20180815231435p:image
稲荷神社なのでお狐様が鎮座しています。しかも怖い顔してますよ。

f:id:k-est:20180815231440p:image
この東伏見稲荷神社は、元々京都にある伏見稲荷大社から分祀されたものです。

f:id:k-est:20180815231504p:image

f:id:k-est:20180815231521p:image

境内には沢山の真っ赤な鳥居があります。本場の京都伏見稲荷大社もこんな感じなのではないでしょうか。

 

神社では体調のあまり優れないツマの健康回復を祈願しました。