αなRomeo

アルファロメオ購入記録やドライブ記録を綴ったブログ

Alfa Romeo GIULIETTA 2回目の車検

どもどもxingです。

今回はジュリエッタの2回目の車検に関する記事です。

 

【CONTENTS】

 

ジュリエッタ 車検預け

お昼前に自宅を出てディーラーへ向かいました。

 

道中、調布の深大寺蕎麦で昼休憩。

f:id:k-est:20180815230150p:image

f:id:k-est:20180815230207p:image

お昼の後、ディーラーでジュリエッタを預けました。一週間ほど預けますので、しばしジュリエッタとはお別れです。ま、平日はどうせ乗らないんだけども。

 

さて、預けている間の代車は…

f:id:k-est:20180815230223p:image
今回はアルファ147です。と言うかいつも代車は147。

f:id:k-est:20180815230245p:image
色は黒。黒の147は初めてです。

 

しかし、この147。何やら只ならぬオーラを発しています。

f:id:k-est:20180815230256p:image
ホイールカッコええし。

 

エンジンをかけてみると…

キュルルルル…ドゴォッ(マフラーうるせぇ)

f:id:k-est:20180815230315p:image
そして何よりこのエンブレム。

f:id:k-est:20180815230325p:image
DUCATI CORSE

 

少し調べてみると、この車は2008年に二輪のバイクメーカー「ドゥカティ」とのコラボレーションモデルとして発売された「アルファ147 ドゥカティ コルセ」で、販売価格は330万円。販売台数は200台の限定車のようです。

 

内装の端々にも専用ドゥカティエンブレムがあしらわれています。

f:id:k-est:20180815230359p:image
しかし限定200台の車も今となっては代車用のクルマです。

f:id:k-est:20180815230404p:image
諸行無常なり。

 

 

ジュリエッタ 引き取り

一週間後、車検でディーラーに預けていたジュリエッタを引き取ってきました。

f:id:k-est:20180815230426p:image
備忘録的に今回車検整備にかかった費用を書いておきます。

車検整備基本料金:40,000円
車検代行手数料:10,000円
エグザミナー診断料金:5,000円
エンジンシャシ スチーム洗浄:8,000円
検査機器使用料金:2,000円

ここまでが車検整備料。

 

ここから下に書いたものは推奨整備として行った内容です。

エンジンオイル:7,350円
オイルエレメント:1,770円
エレメントシール:510円
ドレンガスケット:200円
オイル交換作業工賃:2,000円
バッテリー(交換作業工賃含む):35,000円
エンジンクーラント(交換作業工賃含む):12,300円
ブレーキフルード(交換作業工賃含む):10,200円
トランスミッションオイル交換(交換作業工賃含む):10,200円
エアコンフィルター、消臭抗菌剤、室内除菌(交換作業工賃含む):13,200円
スパークプラグ(交換作業工賃含む):12,160円
ワイパーラバー(交換作業工賃含む):7,000円
燃焼室洗浄剤:1,600円
発煙筒交換:580円
パーツ&ブレーキクリーナー:1,500円
産業廃棄物処分費:1,719円
代車保険料:3,500円
代車給油料:1,945円

ほぼディーラーの言うがまま整備しました。

 

イタ車なので、消耗品類は早め早めの交換が安心ですな。

 

以上、車検整備料に推奨整備料を合わせて254,983円(税込)かかりました。さすがに結構します。

 

だけど、これで当面は安心してジュリエッタに乗れそうです。

f:id:k-est:20180815230641p:image

ディーラーの営業マンと話をしたときにジュリアの話になり、今年の秋からいよいよ日本国内で発売されるとのこと。お値段は基本モデルが500万円弱から、フェラーリチューンのエンジンを積んだ最上位モデルは桁が変わる(一千万超)だろうとのことでとても手が出る代物ではありません。

 

だけどジュリアには非常に興味があります。発売されたらぜひ現車を見に行きたいですね。