αなRomeo

アルファロメオ購入記録やドライブ記録を綴ったブログ

Alfa Romeo GIULIETTA エアコン修理

どーもxingです。

最近、ジュリエッタに乗っていて、なんだか車内が排ガス臭いなあ、と感じていました。いつも内気循環モードにしてるのですが、その割には臭いんですよね。

 

これは壊れてるのではなかろうかという事になり、行きつけのディーラーで先日見てもらったところ、内外気切替アクチュエーターモーターが故障していることが発覚。常に外気導入固定になっていたみたいです。

f:id:k-est:20180820212124p:image
これが逆に内気循環固定であれば、わざわざ直さなくてもいいかな、とも思ったのですが、外気導入では臭くてかなわないです。仕方ないので修理を依頼しました。モーター交換です。

 

そして、部品がディーラーに入ってきたので、本日交換して貰うことにした次第です。

 

このエアコンの内外気切替モーターの交換作業はかなり大掛かりで、朝クルマを預けて、作業が終わるのが夕方になるとのことで、代車を借りました。

 

お借りした代車はなんとジュリエッタです。しかも新型ジュリエッタです。フロントの盾がメッシュタイプのやつです。

f:id:k-est:20180820212211p:image
おお〜スポーティでカッコいい。

f:id:k-est:20180820212223p:image
しかもグレードは最上級のヴェローチェ

 

以前はクアドリフォリオヴェルデと言われていた排気量1,742cc、最高出力240psのハイパワーモデルです。

f:id:k-est:20180820212307p:image
リアは2本出しマフラーにディフェーザー付きでいかついです。

f:id:k-est:20180820212317p:image
ホイールはガンメタの限定タイプです。私のジュリエッタのホイール交換をする際、このホイールへの交換も検討していましたが、値段が高くて断念した記憶があります。

f:id:k-est:20180820212327p:image
f:id:k-est:20180820212331p:image

内装はカーボン調のシートを多用しています。これは好き嫌いがあるのでなんとも言えません。


さて、実際に自分のジュリエッタと乗り比べたときの第一印象は、まずシフトチェンジがスムーズだと感じました。同じTCTでのオートマモードでも私のジュリエッタは変速時のショックが大きいんです。良く言えばマニュアルチックなシフトチェンジ、悪く言えばただただ不快な挙動。そのショックが代車のヴェローチェではほとんど感じませんでした。これは感激です。

新しいモデルなだけあり、さすがに熟成されてますね。

f:id:k-est:20180820212425p:image
パワー感については私のジュリエッタ1.4Lに対し、ヴェローチェは1.75Lで、馬力も私の170馬力に対し240馬力と数値だけ比べると70馬力もの差があるのですが、街乗りでちょっと乗っただけではそこまでの差を感じませんでした。

f:id:k-est:20180820212532p:image

DNAシステムに関しては、通常のN(ノーマルモード)と、パワー感がアップするD(ダイナミックモード)との違いが少し薄まっている気がします。私のジュリエッタはNモードとDモードの差がもっと凄いです。しかもDモードになるとハンドルがえらく重くなるのですが、ヴェローチェはハンドルもそこまで重くはなりませんでした。総じてDモード時の味付けがマイルドになっている感じです。

 

そんなこんなで新型ジュリエッタを堪能している内に、修理完了の電話がかかってきました。

夕方の5時くらいと言われていましたが、3時に終わったようです。

 

掛かった修理費用はと言うと…

エアコンシステム診断:8,000円
内外気切替モーター交換工賃:46,800円
内外気切替モーター部品代:6,930円
ケース代(内容不明):11,700円
廃棄物処理費用:373円

合計73,803円+消費税5,904円総合計79,707円でした。

 

結構しますね。ジュリエッタは昨年もエアコンが壊れました。その時は温度センサーが駄目になり、センサー交換しました。金額は今回に比べると大したことはありませんでしたが、アルファロメオはやはりエアコンが壊れやすいみたいです。


先日のiPhone水没に伴う機種変更で機種代10万円払っていますので、今月は思わぬ出費がかさみます。

f:id:k-est:20180820212706p:image

無事に修理を終えたMy GIULIETTA .ヴェーロチェよりお上品な佇まいです😁