αなRomeo

アルファロメオ購入記録やドライブ記録を綴ったブログ

埼玉県幸手市/権現堂の彼岸花

どーもxingです。

今日は所用で越谷まで行き、そのあと妻と秋の花を見に行こう!となって幸手市まで足を伸ばして来ました。

 

目的地は幸手の「権現堂公園」です。こちらの公園は季節の花が綺麗に咲くことで有名です。

 

 

桜&菜の花から始まり、紫陽花、彼岸花、そして水仙と、一年を通して何かしら花が咲いています。


今回は当然、彼岸花まつりが目的です!2年前にも見に行ったことがあるので2回目です。

f:id:k-est:20180821083134p:image
権現堂公園に到着したのが17時でしたので、既に公園はガラガラでした。今の時期は18時には暗くなるので小一時間が勝負です。

f:id:k-est:20180821083208p:image
f:id:k-est:20180821083212p:image
権現堂公園の横を流れる中川外野橋。夕焼けが綺麗でした。

f:id:k-est:20180821083254p:image
まさに日が沈もうとしています。

f:id:k-est:20180821083305p:image
f:id:k-est:20180821083311p:image
彼岸花は満開でした。所々に白い彼岸花が咲いているのがアクセントになっていて綺麗ですね。

 

ところで、彼岸花の埼玉における観光地と言えば、この幸手の権現堂日高の巾着田が有名です。ちなみに巾着田は曼珠沙華という呼び名を使っており、権現堂は彼岸花という呼び方をしています。

 

当然、それぞれ名前の由来があり、彼岸花は秋の彼岸頃から開花することに由来し、また、彼岸花には毒性があり、これを食べた後は「彼岸(死)」しかない、という説もあるようです。名前の通り不吉なイメージではあります。

 

対し、曼珠沙華という名前は、法華経などの仏典に由来し、また、サンスクリット語では「天上の花」という意味も持っており、彼岸花とは相反する意味合いで面白いです。

 

個人的には彼岸花の方が日本風で好きですね。不吉なイメージとは言いつつも、花自体は非常に綺麗で、儚さと力強さを兼ね備えた不思議な花だと思います。

f:id:k-est:20180821083523p:image
f:id:k-est:20180821083528p:image

f:id:k-est:20180821083558p:image

赤赤で満足です😁