αなRomeo

アルファロメオ購入記録やドライブ記録を綴ったブログ

茨城県石岡市〜阿見町/日本一客の来ない動物園 東筑波ユートピア

こんばんはxingです。

昨日(5/4)の話しですが、かねてより妻が行きたがっていた「東筑波ユートピア」へ行ってきました。

 

いわゆる自然動物園ですが、以前テレビの番組(天才 志村動物園)で「日本一客の来ない動物園」として紹介され、妻もその番組で知ったらしいです。場所は茨城県の石岡市で筑波山の近くとなります。


動物園は朝9時オープンなので、7時半頃ジュリエッタに乗って出発。ルートは関越〜圏央道を使うルートになりますが、渋滞情報を調べてみると既に関越は渋滞マークが出ていました。そのため、圏央道の坂戸ICまで下道で行くことにしました。

 

圏央道に乗ってからは空いており、一気に茨城県へ。常総ICで高速を降り、筑波山を横目に眺めながら目的地の東筑波ユートピアへ向かいます。

f:id:k-est:20180830104910j:image

 

【CONTENTS】

 

東筑波ユートピア 

 

10時過ぎに東筑波ユートピアに到着。

日本一客の来ない動物園として一躍有名になった動物園ですが、やはりテレビ効果は絶大です。既に駐車場は満車。

幸い待たずに停めれましたが、急増した客に対し、駐車場も即席で増やした感じで、狭く非常に止め辛い駐車場でした。

f:id:k-est:20180830104955j:image
f:id:k-est:20180830104949j:image

たまたま人がいない瞬間を狙って入口を撮影することが出来ました。

f:id:k-est:20180830105020j:image

こうして見ると動物園というよりハイキングコースに所々動物がいる感じですね。

 

ホームページ上のMAPはこちら ↓

f:id:k-est:20180830105119j:image

一見、魅力的な動物園に見えますが、しかし実態は…

f:id:k-est:20180830122742j:image
f:id:k-est:20180830122747j:image
f:id:k-est:20180830122749j:image
f:id:k-est:20180830122744j:image

動物の種類が少なく、犬・猫・猿・猪がメイン。あとはウサギなど。以前はライオンもいたらしいのですが、今は大したものはいない。熊はいるらしいのですが発見出来ず。どうも見逃したらしいです。

f:id:k-est:20180830122811j:image

メインのイノシシ牧場へ向かうコースが激坂登りでまた大変でした。

f:id:k-est:20180830122854j:image

イノシシ牧場のウリ坊は可愛いかったですが、ここだけは動物との距離が遠かったです。ちなみに他の場所は動物との距離感がやたら近いです。


東筑波ユートピアは1時間ちょっとで見終えてしまいましたが、これで入場料1,200円はなかなか強気の値段設定ですね。動物園の感想としとは総じてボロく安全衛生管理が行き届いていない感じです。

 

今はテレビの影響で人が多いですが一度来れば十分な動物園なので、何か根本的に作り変えないとまた廃れてまいそうな感じがします。

 

次の目的地である「ダチョウ王国」へ向かいつつ、ちょうど12時なので途中にあったパン屋「パン工房ぶれっど」で昼食。

f:id:k-est:20180830123002j:image

ちなみに東筑波ユートピア以外に巡る場所はJAFドライブMAPを見ながら近場から適当に決めました。

f:id:k-est:20180830123017j:image

このMAP、見所が分かりやすいので何気に重宝します。しかしJAFは退会してしまったのでもう貰えません。

 

 

ダチョウ王国

 

f:id:k-est:20180830123144j:image

それなりに混んでおり、何故か私だけスタッフ的な扱いのする場所に停めさせられました。

f:id:k-est:20180830123247j:image

見所は「動物ふれあい公園」と「ダチョウふれあいファーム」。まずは「ダチョウふれあいファーム」から見てみることにしました。

f:id:k-est:20180830123331j:image
f:id:k-est:20180830123334j:image

ダチョウがこれでもかといました。ここまでダチョウ尽くしなのはなかなかお目にかかれません。さすがダチョウ王国。

 

フェンス越しにかなり近接してダチョウを見ることができますが、ここのダチョウは穏やかな気性をしているのでそれほど怖くはありません。「ダチョウふれあいファーム」は屋根がないため真夏の炎天下はかなりキツいと思います。

f:id:k-est:20180830123429j:image

ところでダチョウはものすごく丈夫らしくて−30℃〜40℃の気候までOKらしいです。これにはビックリです😵

 

続いて「動物ふれあい公園」に行ってみました。

f:id:k-est:20180830123533j:image
f:id:k-est:20180830123530j:image

こちらはダチョウだけでなく色々な動物や鳥がいます。

ベンガル猫もいました。可愛いです😍

f:id:k-est:20180830123629j:image

ダチョウの赤ちゃんやダチョウの卵も置いてあります。

f:id:k-est:20180830123658j:image

こちらの公園は先ほどの東筑波ユートピアに比べると臭いもキツくなく、なかなか清潔感のある、明るい公園でした。ここには1時間半ほど滞在しました。

 

ここから先は石岡市を離れ霞ヶ浦方面へ向かいます。

 

 

霞ヶ浦ふれあいらんど/玉造 虹の塔 展望台

f:id:k-est:20180830125134j:image
f:id:k-est:20180830125137j:image

ここには「虹の塔」とよばれる展望台があり、霞ヶ浦を一望するのことができます。

f:id:k-est:20180830125206j:image

絶景かな。

f:id:k-est:20180830125217j:image

霞ヶ浦大橋も一望。

f:id:k-est:20180830125239j:image
f:id:k-est:20180830125243j:image

小さくジュリエッタが見えます🚗

f:id:k-est:20180830125301j:image

田んぼアートも見えますが、見所の時期はもっと先になります。

 

偶然立ち寄った展望台でしたが、なかなか見ごたえあり。

 

 

かすみがうら市水族館

霞ヶ浦沿いにある市営水族館です。

f:id:k-est:20180830125410j:image
f:id:k-est:20180830125407j:image
f:id:k-est:20180830125402j:image
f:id:k-est:20180830125405j:image

かなり小規模でたいしたことのない水族館。ここは無理に寄らなくてもよかったです。

 

この水族館を16時に出て、次なる目的地の予科練平和記念館にナビをセットすると到着予定16時半!同じ霞ヶ浦沿いなのでもう少し近いと思ったら結構遠かったです。受付が16時半までなのでギリギリ😵

 

途中渋滞にも巻き込まれながら、横道なども駆使して、かろうじて16時半ギリギリに到着です。

 

 

予科練平和記念館

 

f:id:k-est:20180830125548j:image
f:id:k-est:20180830125551j:image

館内は撮影不可。それほど広い建物ではありませんが、館内は「1.入隊」「2.訓練」「3.心情」「4.飛翔」「5.交流」「6.窮迫」「7.特攻」と七つのテーマ毎に展示されていて、なかなか見所満載でとても閉館までの30分では見切れませんでした。

f:id:k-est:20180830125617j:image

外には人間魚雷「回天」の実物大模型もあり。

 

せっかく霞ヶ浦まで来たので、阿見のアウトレットが近いねという話になり、帰りがけに寄ることにしました。

 

その道中、偶然見かけたトンカツ屋「かつ吉(かつきち)」で夕食。

f:id:k-est:20180830125702j:image
f:id:k-est:20180830125727j:image

これがなかなか当たりのトンカツ屋で、ヒレカツ定食とロースカツ定食をそれぞれ頼んでみたところ、どちらも美味しかったです。

 

お腹も満足したところで、阿見へ向かうと、牛久の大仏様が見えてきました。しかも何やら夕焼けに染まっています。

f:id:k-est:20180830125759j:image

近いし、これは寄らねばなるまいとなり、急きょ、牛久大仏へ。

 

 

牛久大仏(外観のみ)

 

本来は大仏の中に入り展望台まで上がることが出来ますが、拝観時間は祝日17時半までとなっているため、駐車場からの外観写真撮影のみとなりました。

f:id:k-est:20180830125916j:image

夕焼けに浮かび上がる大仏様。神々しい…

f:id:k-est:20180830125949j:image

貴重な夕焼けの時間帯はあっという間に終了。

 

 

あみ プレミアム・アウトレット

牛久大仏の目と鼻の先にある「あみ プレミアム・アウトレット」に到着したのは18時45分頃。

f:id:k-est:20180830130042j:image

 

閉店が20時なので、それまでの1時間ちょいを妻と別行動で各々過ごしました。ここのアウトレットには随分前に一度来たことがありますが、どんなお店があったかはすっかり忘れています。

 

20時になり、妻と合流すると、妻はちゃっかり半袖のシャツを購入していました。

 

帰りはそのままアウトレット前の阿見ICから圏央道に乗り、鶴ヶ島JCTから関越で一気に帰宅。なんとか22時過ぎには家に着くことが出来ました。

 

以上、つくば・石岡から始まり、霞ヶ浦・阿見を巡る茨城県南の日帰り旅行でした。

 

霞ヶ浦は湖畔の道をドライブできるみたいなので、次回はゆっくり周遊してみつつ、見切れなかった予科練平和記念館をじっくり見て、牛久大仏の展望台にも登ってみたいですね。

f:id:k-est:20180830130210j:image

本日のジュリエッタ走行距離:348km