αなRomeo

アルファロメオ購入記録やドライブ記録を綴ったブログ

埼玉県所沢市/絵画展 口と足で表現する世界の芸術家たち

どーもxingです。

三連休初日の今日は暑くなりましたね。夏再来です。

 

今回は、所沢市で「口と足で表現する世界の芸術家たち」という絵画展が開かれていると、妻が情報を仕入れてきましたので、そのお話です。

 

 

さっそく行ってきました。最近、芸術の秋付いてるんです。はい。

f:id:k-est:20181006210839j:image

※所沢市HPより、会場の「こどもと福祉の未来館」外観

 

こちらの未来館は西武新宿線の新所沢駅近くにありますが、駐車スペースが65台分確保されていますので、クルマで行っても問題なしです。

f:id:k-est:20181006211053j:image

絵画展は無料で見ることが出来ました。

f:id:k-est:20181006222508j:image
f:id:k-est:20181006222505j:image

上の画像のごあいさつでも書いてある通り、世界各国の手の自由を失った人たちがハンディを乗り越え、口や足で描いた作品を展示する絵画展になります。

 

どの画家も上手で、とても口や足で描いたとは思えない出来映えです。

f:id:k-est:20181006223513j:image

会場では実際に口で描いている作家の実演会も行われていました。その描くスピードから、普通に手で描くのよりはるかに時間がかかるのが分かります。

 

ほとんどの作家が、後天的な病気や事故により手が使えなくなった方ばかりで、絵に希望を見出し、健常者には想像もつかない努力と周囲の協力を得て絵を完成させたのが作品からうかがい知ることが出来ました。

 

口で描くのって、もどかしくて発狂してしまいそうですが、それは健常者だから思う感情なのかも知れません。

 

館内は撮影自由なのか、皆さんスマホで写真を撮られており、私も何枚か気に入ったのを撮影しましたが、さすがにそれをブログ上で公開するのは憚られるのでやめておきます。

 

所沢での開催期間は明日までですが、主催している三菱電気ビルテクノサービスのホームページを見ると、この後、北海道の小樽や、三重県の桑名、その他でも開催されますので、気になった方はぜひ見に行ってみて下され。