αなRomeo

アルファロメオ購入記録やドライブ記録を綴ったブログ

埼玉県さいたま市/大宮公園 全国大陶器市、帰りにジュリエッタにトラブル発生❗️

どうもESTでございます。

昨日の話しです。

 

ツマが手に持っていた新聞の切れ端🗞に大宮第二公園で年に一度の全国大陶器市が開催されている記事を見つけ出撃。ジュリエッタで行ってきました。

 

ひたすら下道で大宮へ向かったのですが、大宮公園付近で大渋滞にハマりました。普段からそうなのか、それとも大陶器市が開催されているからなのか、はたまた梅林目当てかは分かりませんが、駐車場に入るまでに1時間は要したと思います。

 

渋滞が苦手な我がジュリエッタ嬢、ほのかな異臭(ゴムが焼けるような臭い)を発し始めます。これの原因はクラッチにあることは分かっていたので、なるべく半クラッチにならないよう気を付けていたのですが、グズつき始めました。。さらにエンジンの回転が通常より高くなるという新種のトラブルも発生。アイドリングで1000回転超え、そしてクリープ現象で前に進む時(このクリープ現象が半クラ状態なので、なるべくやらない方が良いですが)やたら勢いよく前に出ようとします。興奮して猛るジュリエッタ嬢をなだめながらなんとか駐車場に到着。バックで駐車スペースに停める際もいつもより勢いがありました(笑)

f:id:k-est:20190225080410j:image

公園にいる間にジュリエッタ嬢にはクールダウンして貰います。

 

さて、大陶器市はと言うと、駐車場から案内が出ていますので迷うことはありません。

f:id:k-est:20190225080357j:image

大きく見事な梅も満開です。

f:id:k-est:20190225080844j:image

会場入口には大きな立て看板がありました。

f:id:k-est:20190225080402j:image

因みに我が家はツマの母方の実家が愛媛の関係で砥部焼をいくつか使っています。

 

入口のバルーンアーチ。

f:id:k-est:20190225080320j:image

結構な賑わいです。

この全国大陶器市は2月23日(土)〜3月17日(日)まで開催されており、まだ始まったばかりです。なので、ここまで混んでいるのかも知れません。

 

会場の雰囲気はこんな感じです ↓

f:id:k-est:20190225080440j:image

f:id:k-est:20190225080429j:image

f:id:k-est:20190225080419j:image

個人的に気に入ったのは織部焼

f:id:k-est:20190225080334j:image

岐阜の美濃地方で発展したので美濃焼きの一種となるようです。職人さんにもよるのかも知れませんが、展示品は緑色をよく使っていました。

 

この陶器市で展示されているものは、基本的に購入することが出来、数百円から中には人間国宝の作品で数十万円、数百万円のプライスが付いているものまでありました。

 

ぐるっと一回りした後、飛騨高山の五平餅をいただきました。

f:id:k-est:20190225080446j:image

五平餅 美味しいです。もう一本買おうかと思いつつ、小銭がなく断念。

 

さて、ここ大宮第二公園では、陶器市と時を同じくして、陶器市会場の横にある梅林で「梅まつり」が開催されています。

f:id:k-est:20190225084203j:image

当然、散策してきました。

f:id:k-est:20190225080424j:image

f:id:k-est:20190225080325j:image

f:id:k-est:20190225080341j:image

f:id:k-est:20190225080455j:image

梅まつりは2月23日〜3月17日までの開催で、ほぼ満開で見応えがありました。

f:id:k-est:20190225080500j:image

f:id:k-est:20190225080315j:image

f:id:k-est:20190225080353j:image

藤牡丹枝垂(ふじぼたんしだれ)と呼ばれる品種が綺麗でした。比較的暖かな陽気と相まって春っぽくて癒されます。以下その品種の写真です。

f:id:k-est:20190225080330j:image

f:id:k-est:20190225080435j:image

f:id:k-est:20190225080348j:image

f:id:k-est:20190225080450j:image

以上、梅まつりでした。

f:id:k-est:20190225080415j:image

梅が枝に来ゐる鶯
    春かけて鳴けども
        いまだ雪は降りつつ
                      古今和歌集

 

帰り、ジュリエッタ嬢のエンジンを始動すると、異臭は抜けていたものの相変わらずエンジン回転数は高めでした。

そして帰りも渋滞しており、駐車場を出て大宮公園の敷地を出るまでの間にストップ&ゴーを繰り返し、そしてまた前が詰まっているのでブレーキを踏んで止まった時にそれは起きました。止まると同時にエンジンがストール。まさかのエンストです。

 

冷静に一度完全にエンジンを切り再度キー🔑をひねり再起動。ブルンッと無事始動し事なきを得ましたが、エンストは初の事態です。急遽、その後の予定を止め、最寄りのディーラーへ向かう事にしましたが、その記事はまた次回とします。