αなRomeo

アルファロメオ購入記録やドライブ記録を綴ったブログ

埼玉県吉見町〜鴻巣市/吉見百穴 観光 & 防災学習センターで災害体験

どうもESTです。

3/10(昨日)の話しです。今回は埼玉県の吉見町にある吉見百穴(よしみひゃくあな/よしみひゃっけつ)と鴻巣市にある防災学習センターへお邪魔して来ました。

 

行きは関越道を使い、途中の高坂SAでランチタイム。SA内のレストランで深谷豚肉汁地粉うどんをいただきました。

f:id:k-est:20190310234021j:image

お味の程は、まあまあだったのですが、一人千円以上と、ちょい割高です。

 

高坂SAを出たあとは引き続き関越を北上、ほどなくして東松山ICに到着。ここで関越を降りました。

 

下道に降りたあとはR254号線→K66号線を通り吉見百穴へ到着しました。

 

【CONTENTS】

 

吉見百穴 観光

f:id:k-est:20190310223839j:image

吉見百穴の駐車場は広く、しかも空いていました。今日は曇り空とは言え、暖かくて観光日和だと思うのですが、それほど人気が無いんですかね⁈

f:id:k-est:20190310223906j:image

入場料は大人一人300円です。

f:id:k-est:20190310223844j:image

この吉見百穴は、古墳時代のお墓で、戦時中は軍需工場の建設も行われていたようです。

 

一面穴だらけ。

f:id:k-est:20190310223810j:image

百穴と言われていますが、実際には200以上の横穴があいているようです。

上の画像、真ん中あたりの一際大きな縦長の穴が軍需工場用に掘られた穴です。

f:id:k-est:20190310223920j:image

危険なため柵があり奥には入れませんが、柵から奥を撮影すると、かなり奥行きがあることが分かります。

f:id:k-est:20190310223803j:image

この吉見百穴はヒカリゴケが自生していることでも有名です。

f:id:k-est:20190310223724j:image

下の画像にヒカリゴケが写っているのですが分かりますかね?

f:id:k-est:20190310223830j:image

真ん中あたりに明るい緑色に光っている部分がありますが、それがヒカリゴケです。

 

この吉見百穴には階段が設置されており、登りながら横穴を間近に見ることが出来ます。

f:id:k-est:20190310223930j:image

f:id:k-est:20190310223858j:image

f:id:k-est:20190310223728j:image

横穴の内部は結構広く、古墳時代によくこんな穴が掘れたと感心。

f:id:k-est:20190310223935j:image

f:id:k-est:20190310223851j:image

今の季節は心配いりませんが、スズメバチ🐝が出るみたいです。木に貼り紙がしてありました。

 

頂上に到着。

f:id:k-est:20190310223825j:image

登りましたが、大した高さではないので、絶景とはいきません。

f:id:k-est:20190310223925j:image

 

同じルートを引き返し、下に降りた後、お土産屋へ直行。

f:id:k-est:20190310223732j:image

f:id:k-est:20190310223755j:image

埼玉銘菓の五家宝が売ってました。

f:id:k-est:20190310223912j:image

お土産用として各味を一つずつ購入しつつ、その場で季節限定のさくら味🌸を一ついただきました。

f:id:k-est:20190310223939j:image

お茶🍵はサービスです。

f:id:k-est:20190310223747j:image

さくら味、旨し。

食べながら横をチラ見すると…

f:id:k-est:20190310223816j:image

焼き団子もありました。ついついこちらも購入。

f:id:k-est:20190310223820j:image

焼き団子も大変美味しくいただきました🙏

 

吉見百穴はあまり期待してなかったけど、意外と満足度高かったです。

f:id:k-est:20190311073813j:image

駐車場の裏は川で、河川敷に桜が植えられていますので、あと一ヶ月もすれば桜が咲いてより綺麗でしょうね。今は梅だけです🌸

 

 

吉見百穴を出た後は、下道で鴻巣市へ向かいました。もう一つの目的地、防災学習センターへ行くためです。

 

 

防災学習センター 災害体験

実は防災学習センターの方が本命だったりします。元々、防災学習センターで開催されている地震展のチラシが家にあり、それを見て鴻巣へ行くことにしたのです。

f:id:k-est:20190310234052j:image

f:id:k-est:20190310234056j:image

しかし、せっかく鴻巣まで行くのに、防災学習センターだけでは勿体ないと思い、吉見百穴も加えました。関越からの道順で吉見百穴が手前にあったので先に行った次第です。

 

吉見百穴から防災学習センターまでは下道で30分程度の道のりです。

f:id:k-est:20190310230653j:image

こちらは公共施設のため、入場無料です。

f:id:k-est:20190310230648j:image

館内はガラガラでした。見てる人より職員の方が多いくらいです。

 

しかし…

綺麗な館内に、かつプロジェクターでの投影など設備も新しく驚きました。もっと古臭いイメージを勝手にしておりました。

 

チラシにあった地震展の展示です。

f:id:k-est:20190310230621j:image

埼玉県にある学習センターなので、埼玉県MAPが投影されており、MAP上の気になる項目を手でかざすと…

f:id:k-est:20190310230644j:image

内容がMAP上に現れます。

f:id:k-est:20190310230725j:image

f:id:k-est:20190310230626j:image

そして、この学習センターの一押しは体験コーナーにあります。なんと、地震、煙、暴風、消火と四つの擬似体験をすることが出来るのです。

せっかくなので全て体験してみることにしました。

 

ツアー形式になっていて、まずはスクリーンに投影された物語を見ます。所用時間5分程度の物語で、ある日突然、地震に見舞われた家族の話しです。

f:id:k-est:20190310230706j:image

f:id:k-est:20190310230711j:image

ちなみに…

前述の通りガラガラだったので、私たち夫婦以外に体験コーナーに参加している人はいませんでした。

 

映像を身終えたあとは、まず地震体験から始まります。

と、ここでツマは酔うからと言って体験辞退。まさかの一人体験です。

f:id:k-est:20190310230638j:image

ここでは3.11の時の揺れを再現しており、最大震度7までの揺れを体験できます。

 

私が今まで実際に体験した最大震度は3.11の時の都内での5強(ビルの震度計では6を観測)でしたが、その時は地下にいた事もあってそれほどの揺れは感じませんでした。

今回体験した震度7は、手すりにつかまっていなければ到底立っていることすら出来ない揺れでした。

 

終わってからもしばらく揺れている感じで足元がフワフワしながら次のコーナーへ。

 

お次は煙体験です。

ここでは火事になり停電し、煙が立ち込める中、薄暗い館内を避難する体験が出来ます。

f:id:k-est:20190310230634j:image

避難コースは分かれ道などがあるわけでは無いので、真っ直ぐ歩いていけば良いのですが、停電し非常照明だけの状態なので、想像以上に薄暗く足元もおぼつかない中での避難となります。途中何ヶ所か扉があるので、ぶつからないよう気を付けながら避難することになります。

 

ちなみに…これも怖いからという理由でツマは参加辞退。またもや一人体験です。

 

三つ目は暴風体験

f:id:k-est:20190310230715j:image

最大風速50m/sを体験することが出来ます。

f:id:k-est:20190310230701j:image

これまたツマは辞退。またもや一人での体験です。もはや罰ゲーム。

この暴風体験は無風状態から段々と風が強くなり、最終的に最大風速50m/sに達するのですが、その頃には目も開けてられなくなります。

人によっては呼吸も苦しくなるので、その際は下を向くと良いとのことでした。

上の画像では手すりにつかまっていますが、これも地震と同じでつかまっていないとその場に立っていることすら出来ない状態です。

これくらいの暴風となると現実では雨も混じり、さらには強弱が付きますのでさらに過酷な状況となります。

職員の方も仰ってましたが、そういう時は無闇に外に出ない。屋内でじっと避難しているのが最善とのこと。

 

そして最後、四つ目の体験は消火体験になります。

これにはツマも参加。そのため画像は一切ありませんが、一般的な10型消化器🧯を使っての実地練習でした。

消化器の中身は本物は粉末状の消火剤ですが、ここでは中身を水に変えたもので練習します。ディスプレイに表示された炎に向かって水を放水。鎮火させる練習です。放水前に大きな声で「火事だ〜」と叫ぶ動作がありますが、ここは恥ずかしがらずに大きな声で行きましょう。

 

以上が体験コーナーになります。

その後、2Fの展示を見てましたが閉館時間が来てしまいました。

f:id:k-est:20190310230629j:image

もう少し2Fをゆっくり見ていたかったですが致し方ありません。

f:id:k-est:20190310230720j:image

こちらの防災学習センター、入場無料の割には体験コーナーが充実しており、非常に満足しました。

今日は3.11からちょうど8年になります。平成最後となる追悼の集いが被災各地で行われるようで、私の勤めている会社でも黙祷が行われます。

 

8年経ち、あれだけの大災害ですら記憶は風化していきます。こういった防災学習センターの果たす役割は大きいと思いますので、ぜひ色々な人に足を運んで貰いたいですね。